理事
栗原 冬子

株式会社Bon22 代表取締役

埼玉県立川越女子高校、青山学院大学卒業後、1994年 ANA国際線客室乗務員となり、世界各地の香りと出会う。2002年退職後はアロマテラピーを用いた運動、美容、健康の講演やイベント、メディア出演などの活動を広げ、2012年に(株)Bon22を設立。翌年には自身のアロマブランドFYKを立ち上げ、オリジナルアロマアクセサリーなども展開。大手企業のオリジナルアロマを調香した空間プロデュースや、ヨガとアロマのメソッドYogaroma®︎を考案し、大学との研究で有用性を立証。2016年にはFYK GINZA、2020年にはFYK AOYAMAを母校アイビーホール内にオープンさせるなど活動の幅は広い。