瀬川あずさ
30代/会社経営

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

もうすぐ40歳を迎えるタイミングで、健康でイキイキとしたライフスタイルを送るために、自身の生活を見直したかったから。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?

変化がありました。食生活はなかなか変えられていないのですが、睡眠をしっかりとることと適度な運動を心がけるようになりました。歯のメンテナンスを怠っていたので、早速福島先生のところでクリーニングしていただきました。

Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

初めて知った知識が多かったです。免疫についてなどは、時世柄とても興味深い分野だったので、勉強できて良かったです。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

青木先生のZOOM講義がとても分かりやすく、ポイントを伝えてくださっていたので、試験自体は易しく感じました(講義を受けていなかったらとても難しいと思いますが)。問題数はちょうどよいくらいだと思います。

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

体の健康だけではなく、心の健康やストレスとの向き合い方などについてもう少し深く学べると、より良いのではないかと思います。

中村英理
60代/NR.サプリメントアドバイザー、医療法人理事

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

サプリメントアドバイザーとしての知識だけではなく、健康寿命のために、もっと多くのことを学びたいと思いました。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?

病気になって病院に行く、のではなく、予防医療や健康医療というものを再認識しました。
そして、自分に何が足りないのかを考え、やはり それを補うべきだという気持ちの変化を得ました。

Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

睡眠と肥満についてです。 大変、興味深かったです。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

大変、楽しかったです。もともと知識が少しありましたので、難しくはなかったです。問題も、ちょうどよかったです。

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

やはり、女性はお顔の老化も気になります。
皮膚・骨・コラーゲン・エラスチン。。。見た目も健康に見える方法なども学んでみたいと思います。

水上玲
50代/会社役員

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

新型コロナによる外出自粛中に、ダイエットにハマりました。書籍やインターネットから情報をかき集めて、結構ストイックに取り組んだ結果、約1年間で体重13kg減、体脂肪率11%減と、数字上は成功したとは思うのですが、ずっと疑念がありました。 健康的にダイエットができでいるのか、もっと効果的で正しい方法があるのでは、急に痩せ過ぎて顔が弛むのでは…等々。そのような折、青木先生からウェルエイジングアドバイザー検定のことを伺って、独学で得た知識の正誤を確認し、体系立てて学び直す良い機会だと思い受験しました。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?

“自律神経”への意識が高まりました。特に適正な睡眠をとるよう心がけています。睡眠前の入浴を「シャワー浴」から「バスタブ浴」にして、デスクライトも買い替えました。今は、自分に合った枕を探しています。

Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

各分野で初めての知識がありましたし、何となく知っていたことを、正しく理解することができました。特にホルモンについては、今まであまり意識してこなかったので興味深い内容でした。また、「自分に合った正しい情報を取捨選択できる能力の必要性」や「アンチエイジングには、まだエビデンスがないので、本や理論ではなく、誰と一緒にやっていくのかが重要」という講義でのお話が、私自身の今後のウェルエイジングへの取り組み方として、大変勉強になりました。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

オンライン講義と検定テキストで学んだことを整理し理解できる“いい塩梅”の設問でした。テキストもわかりやすくまとまっていて、講義で重要なポイントを明確に挙げていただいたので、試験自体は取り組みやすかったです。

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

自分の周囲の人に、正しく、わかりやすくウェルエイジングを伝えたいので、インストラクターに挑戦したいと思います。また、その学びの過程で、ウェルエイジングを志向する様々な方にお会いしたいですね。知見やノウハウを幅広く吸収させていただき、自分に合ったウェルエイジングを見つけたいと思います。お酒が好きなので、お酒との上手な付き合い方も極めたいです(笑)

田中雅代
30代/会社員

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

親しい方からウェルエイジングアドバイザー検定のお話をお伺いし、これからは年齢にあらがうアンチエイジングではなく、美しく健康に歳を重ねるウェルエイジングの時代になるという考え方に共感し、知識を深めるために受験いたしました。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?

食事から腸内環境を見直し、ファスティングを定期的に実施するようになりました。また自然な年の重ね方をしている方を、今まで以上に美しいと感じるようになりました。

Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

初めて知った知識は書ききれないくらいありました。どれか一つを取り上げることはしませんが、全ての要素が連なって、健康的な生活を送れるという本質的なことへの気づきをいただきました。
つまりは、体重を減らすためのダイエットという対処療法(=点)ではなく、線で捉え、様々な角度から身体と向き合うことの大切さを痛感しました。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

検定前にお医者さまによる講習があったので、テキストと合わせて勉強さえすれば、難しくありませんでした。

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

健康的で美しいボディメイクをするためのウォーキング方法を学びたいと思います。

齊藤美絵
30代/ツタエルヒト

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

”人と地球に健やかな暮らし”を大事にしたくて、大分県の竹田市という自然豊かな環境に移住し、その暮らしを追求する中で、ウェルエイジングアドバイザーのことを知り、医師の皆さまから学ばせて頂くことで、より一歩、二歩深められる知識を得られたらということ、また、学んだ上で実践し、より説得力ある内容で伝えていけたらと思い受験させて頂きました。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?

善く生きる、健やかに生きるということへの意識がより一層高まりました。
学ぶことで、普段の生活への心がけが変わったことを感じています。

Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

ホルモンについて。
テストステロンが、男性にとっても、女性にとっても大切なホルモンで、代謝機能の促進や筋肉・骨の形成、また、動脈硬化を防ぐこと。また、マザーホルモンと呼ばれるDHEAというホルモンがあること等初めて知りました。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

関わっていらっしゃる方々が専門医の先生ばかりでしたので、難しいのでは?!とイメージしていましたが、実際には、とても分かりやすくまとめられたテキストと共に青木先生のオンラン講義が楽しく、スルスルと入ってきました。
学ぶことへの喜びを感じられる検定で、受講できましたことに感謝しています。

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

年代ごとや生活環境で氣をつけるポイントも変わってくるのでは?!と感じますので、例えば、親子でのウェルエイジングや両親世代へのウェルエイジング等、より細かい部分で意識したいこと、実践出来ることを学びたいです。

宗田聡
50代/医師

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

普段、婦人科医師としてクリニックで女性の病気について診療をしておりますが、やはり病気になる前に健康を維持していることがいかに大切で重要かということを、日々感じています。
日本の医療では、診療科ごとに勉強する機会はあるのですが、なかなか横断的に健康について学ぶ機会が少ないため、今回のウェルエイジングアドバイザー検定のことを知って受験することにしました。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?
Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

これまでもある程度は生活習慣を中心に健康に関した知識も持っていたつもりでしたが、こうして改めて体系的に学ぶと、細いかところで新しい学びもあり、とても勉強になりました。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

検定自体は、個人的には知っている内容が多かったのでそれほど難しいとは思いませんでしたが、一般の方にとってはやや専門的なことも多く、少し大変だったのではないかと感じました。

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

今後、ウェルエイジング検定協会を通じて、今回の基本的な知識を踏まえた上で、より具体的な日常での気をつけていかなければならないことや生活習慣を細かく学べることができたら嬉しいです。

宮坂佳奈
30代
フリーランス/宝石販売員
日本のワインを楽しむ会主宰

Q1:今回ウェルエイジングアドバイザー検定を受験された動機を教えて下さい。

私は毎日ワインを飲むのですが、好きなものを楽しみつつ良い年を重ねたいと思っておりこの検定のアンチエイジングではなくウェルエイジングという言葉に魅力を感じました。
また、協会の皆様の顔ぶれも魅力的でした。

Q2:今回の学びで、生活習慣を含め、何か変化は有りましたか?

改めて、食事、睡眠、運動という基本的なことが大切だと思い無理のない範囲で階段を使う、一駅歩く、しっかりと眠る等心がけるようになりました。
また、リラックス効果があり自律神経も整うので湯船に浸かるようにしています。

Q3:今回の受験で、初めて知った知識は何かございましたか?

以前勉強した際には60兆個の細胞だったところが37兆個ほどになっており、改めて知識のアップデートは必要だと感じました。

Q4:検定を受けた感想を教えてください。

とてもわかりやすく、日々の生活の中で役に立つ情報が多かったです。明日誰かに話したくなるような内容もあり楽しく健康寿命等について学べると感じました。
コロナ禍でストレスに晒される中、多くの方に受験していただきこの知識を活かして自分を労ってほしいと感じました。
まさに今大切な学びです!

Q5:今後ウェルエイジング検定協会で学びたいことが有ればお聞かせ下さい。

日本のワインとその地方の食材を組み合わせた健康的で楽しい食事についてもっと勉強してみたいです。例えば、むくみにくい組み合わせなど。